まっすぐの道

大切なのは

書類上での説明

比較しよう

自転車による事故は、自動車のような死亡事故が起きないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、スピードを出した自転車は、自動車や二輪車と同じように充分相手の命を奪う可能性があります。そのため、自分だけではなく家族も含めて自転車保険に入っておくと安心です。
では、実際自転車保険でまず大事になるポイントはどこでしょうか?

保険料

保険と言えばまず気になるのが保険料ですよね。
いざという時の備えは大切ですが、それによって家計が苦しくなるのは避けたいところ。
自転車保険の保険料は、他の保険と比較すると安いものがたくさん存在します。
もちろん、保険料が安くなってしまうと、それだけ補償内容も薄くなりがちですが、加入しないよりは加入しておいた方が安心できるのは間違いありません。年間で5000円未満の保険もたくさんあるので、一度資料請求だけでもしてみると良いでしょう。

個人賠償

交通事故は、その時の状況や乗り物などによって過失割合が決められます。
赤信号で事故を起こした人と青信号で事故を起こしたい人の過失が同じでないのは当然なので、その割合に応じて賠償するべき金額なども決められます。
例えば、もし自転車で赤信号に突っ込み、歩行者に重度のケガや後遺症を負わせてしまうと、3000万円以上の賠償責任が出てくる可能性は低くありません。ケースによっては1億円に迫る場合もあります。
このような時に助けてくれるのが自転車保険の個人賠償の補償。
このために自転車保険に入っている人も少なくないので、補償の比較内容として最も大切なポイントです。
上限を決めておいた方が保険料は安く済みますが、いざという時、補償額よりも賠償額の方が高くなってしまえば、足りない分は自分で払わなければなりません。
そう考えると、この項目は1億円、少なくとも5千万にはしておいた方が、安心度は高くなるでしょう。