まっすぐの道

ケース

説明を受ける夫婦

単独

道路を交通している人は、乗り物に乗っている・乗っていないに関わらず事故に合う可能性が誰にでもあります。それは自転車においても同様です。
自転車では事故をしないなんて人もいますが、自転車は加害者にも被害者にも充分になり得る乗り物です。例えば以下のような事故が起きるかもしれません。

物損

自転車に乗っていると、思わぬところから歩行者や自転車などが飛び出して来てひやっとすることがあります。
この時、相手と接触すること避けるために、急ハンドルや急ブレーキなどをかけることってありますよね。注意して運転していれば、上手く接触を避けられるでしょうが、予期せぬ運転をしたせいで、もしかするとその後、自分が単独で転倒してしまうかもしれません。
もちろん、このように人とのトラブルだけでなく急に野良猫が飛び出してくることもあれば、予期せぬところに段差があることもあります。これらによって、転倒しどこか自分が大きなケガをする可能性は充分に有り得ます。

対人

自転車は狭い場所でも通り抜けることが出来るものですが、その時ふらついてしまうと何かものとぶつかって破損させてしまうことがあります。
よくある事例の1つが、自動車のサイドミラーの破損です。特に駐車車両を避けようとした時に、ぶつかってしまう方が多くいます。
自動車によっては5万円程度の弁償が必要となるので、甘く考えてはいけません。

最も怖いのは、やはり人との事故ですよね。
歩行者や同じ自転車に注意しておくのはもちろん、自動車や二輪車にも注意しておきましょう。
歩行者の場合と違って、自転車は軽車両になるので過失割合が歩行者ほど優遇されません。信号無視などで二輪車の運転手をケガさせてしまうと、こちらの過失がかなり大きくなります。そのため、自転車は自動車の仲間と思っていた方が良いでしょう。
自転車ではこのような事故を起こす可能性があるので、自転車保険に加入する場合はこれらの補償をチェックしておきましょう。