まっすぐの道

その他でも

草原の自転車

他の保険を確認

自転車保険は、自転車を運転する人なら入っておきたい保険ですが、他の保険で特約が付いていれば既に補償されていることもあります。
自動車保険や火災保険には、個人賠償の特約を付けていることがあります。この特約があれば、自転車に限らず多くの場面で補償してくれます。ただし、いくら特約で個人賠償の補償がついていても、その金額が低ければ意味がありません。そのため、特約が付いているからと言って安心する前に、賠償額を確認しておきましょう。

傷害保険の有無

もう1つが自分のケガを補償してくれるかどうかです。
生命保険などの中には、傷害保険を付けられるものもあります。これが付いて入ればもし単独で転倒しても、補償を受けることができます。

示談代行

自転車保険の内容としては上記2つがメインになります。
そのため、他の保険で特約を付けている場合は、自転車保険に加入しなくても大丈夫でしょう。
ただし、補償内容が薄い場合は、自転車保険にも別で入っておいた方が安心です。
また自転車保険の中には、示談サービスというものがあり、事故の賠償金などでもめてしまった場合、代わりに示談交渉を行ってくれるサービスがあります。
示談がうまくいけば、裁判などの長期化も防げます。またなによりも交渉による労力の消費が不要なのは、精神的な安心感があります。事故を起こしてバタバタしている時や、ケガをしている時に延々と示談を進めるのは。思っている以上に精神的負担をかけます。これは加害者も被害も同じです。
このように自転車保険は、自分の保険との兼合いや補償、サービスの違いを見た上で、加入するかどうか決めましょう。